小さなポメと大きなヨーキーの物語

時は平成 品川のあるところに
ドッグカフェが大好きなインドア派ポメラニアンと
旅行が大好きなアウトドア派ヨークシャーテリアが
住んでいました

長女のご紹介

シュシュ(ポメラニアン)

シュシュモモ


■1996年4月16日生まれ
■体重:2.2kg
■趣味:深夜のお台場(特に金曜)
■持病:クッシング・頚椎椎間板ヘルニア・鼠径ヘルニア・膝蓋骨脱臼・股関節形成不全・高脂血症

カテゴリー

最近の記事

コメントありがとう♪

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
シュシュが元気ないんです。
この間、シュシュが元気になったと言いましたが、昨日から少し元気がありません。

麻痺は見られないので、「頚椎椎間板ヘルニア」が悪化したわけではなさそう。

もしかしたら「クッシング(副腎皮質ホルモンの病気)」が悪化したのでしょうか?

でも「クッシング」の特徴である、多飲多尿はないので違うようです――・・・。

DSC00252.jpg
シュシュりん子や、どうしたの?どこか痛いの?



・・・・シュシュは健康保険に入れませんでした。

小さい時に鼠径ヘルニア(腸がポッコリ出ちゃうヘルニア)だとわかったからです。

DSC00195.jpg
2回の手術で鼠径ヘルニアは治りましたが、再発しないわけではないそうです。

去年の秋に「クッシング」という副腎皮質ホルモンの病気を発症したとき

「なんで保険に入っておかなかったんだ~!!」と悶絶しました。(入れなかったんですけどね)

それくらい「クッシング」という病気は治療にお金がかかります。

まず「ACTH」というコルチゾールの値を調べる検査。

これは毎月行うのですが、これに2万円弱かかります。

そして数値が高かった場合、シュシュは抗がん剤を服用します。

抗がん剤は大体一日1000円ほどかかると言われています。

抗がん剤を飲むと肝臓が悪くなるので肝臓の薬を服用します。(前回はGPTの値が1000を超えました)

そうすると処方料を含め一ヶ月に5万円以上かかるのです~。

20060825230148.jpg
病気になる前のシュシュ。無邪気な寝顔です。

保険に入れていれば!

健康優良児のモモを保険に入れたのは言うまでもありません・・・。

DSC00136.jpg
健康優良児のモモコさん。
彼女が病気らしい病気をしたのは過去に一度、それは下痢でした。

でもシュシュは我が家の家計を考えてくれているのか、数値は今のところ安定しています。



ポメラニアンを育てているみなさま!多飲多尿にご注意を!そして保険に加入しておくとあとで楽かもしれませんよ~。

ポメだけでなく、ヨーキー(ひー!)・プードルなんかも「クッシング」になりやすいそうです。


おおらかな心と、どんな病気でも立ち向かえる強さが欲しい。

あとお金もね。



スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking

テーマ:ポメラニアン♪ - ジャンル:ペット

ヘルニア娘、シュシュの経過。
「頚椎椎間板ヘルニア」のシュシュですが、だいぶ元気になってきました☆

「椎間板ヘルニア」は手術しないと治らない病気ですが、神経を圧迫しない形で椎間板が固まり始めたようで、麻痺はほぼなくなりました~。

夕方も、キッチンでママを見つめるモモを撮ろうとしていたら、いつの間にかシュシュがいました。

・・・そう、バッグから脱走していたのです。
DSC00238.jpg
麻痺でふらついていた脚もしっかりして、軽やかにバッグから脱走しています・・。


麻痺していたときは、二つの耳がまったく違う方向に向いていたり、まっすぐ歩けずにすぐ転んだり、こういう表現は好きではありませんが、「狂牛病」の牛さんのような症状でした。

DSC00086.jpg
今はまっすぐ歩けるし、大丈夫です。「あっかんべー。」

不安そうに下を向いてボーっとしているシュシュを見て、何度泣いたことでしょう。
あ、また涙が・・・。ぐすん。

最初の一週間は痛いのか、夜泣きするので毎日1~3時間睡眠でした。

おかげさまで、今はこんなに元気です。
DSC00244.jpg
パパのご飯を自分のご飯だと勘違いしているシュシュ。目が真剣です。



病気を恨んだり、悲しんだりする時期を過ぎて、今は病気と上手に付き合っていく方法を探しています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シュシュモモのトイレシーツが届きました。

共働きのときは、高くてもいいから臭わない、広がらないシーツがよかったのですが、家にいる今はマメに交換できるので、安くて!臭わないシーがいいんです~。

お留守番のときはこれを使っています。モデルはモモコさんです。
DSC00234.jpg
墨のシーツで、臭いなし、広がりはちょっとあるけど優秀なこのシーツ。


普段はこれです。
DSC00233.jpg
すっごく薄くてあまり臭いません。普段使いなら優秀です。

・・・・ママは明日、少し外出しなければなりません。

シュシュとモモ、いい子でお留守番ができるでしょうか?

モモ、お利口さんでした。
モモと岐阜に行ってきました~。

弟夫婦の車に乗せてもらい、行きは10時間(!?)、帰りは7時間ほど
かかりました。けっこう渋滞していました。

とにかく暑くて、いつも半身浴している代謝のいいママは汗だく。
でもモモは暑いのに元気だったなぁ。

DSC00181.jpg
足柄サービスエリアで。
暑いのにとても笑顔です。

DSC00182.jpg
モモの表情、笑っていますが本当に暑くて、アイスはすぐ溶けるほどでした。


四十九日は法事が1時間半、そのあと納骨がありました。

お坊さんにお経を読んでもらっている間、モモはずっと大人しくママの
横にいました。
納骨堂でも膝の上でいい子にしていました。
モモは滅多に鳴かないので、静かな行事には助かります。


・・・・・・・


帰宅したのは日曜日の午後11時半。

パパにお風呂に入れてもらったら、ぐっすり寝てしまいました。

シュシュはというと、やっぱり寂しかったのか、抱っこすると
ヘルニアの首を一生懸命伸ばしてママの顔を見ようとしました。

シュシュとモモは普段べったり一緒にいることはないのですが、今日は特別?
ずっと一緒にいました。

DSC00222.jpg
ベッドでも仲良く?並んでいました。
シュシュの固定用バンドは洗濯中。暴れないでね。

DSC00210.jpg
モモ、二日間ありがとう。ゆっくり休んでね。

身内の不幸は本当に落ち込みます。おじいちゃんが亡くなって一ヶ月半、
おばあちゃんが早く元気になって、悲しみが癒えるよう力になりたいと思います。


明日は岐阜に行きます。
20日は、7月に亡くなったおじいちゃんの四十九日です。

ママがキャビンアテンダントの頃は飛行機が落ちないよう安全をお祈りし、シュシュが手術の時は早くシュシュが元気になるようお祈りしてくれた、とても優しいおじいちゃんでした。お坊さんでした。

シュシュはヘルニアで動いてはいけないので、パパとお留守番。

ママとモモで岐阜のおじいちゃんのところに行ってきます。

準備はほぼ終わりましたが、置いて行かれないようにモモがずっとそばを離れません。
DSC00175.jpg
「置いて行きませんよね?絶対ついて行きますよ。」

シュシュを置いて行くのは心配ですが、そういえばモモと二人だけで出かけるのはもしかしたら初めてです。
20060818144001.jpg
シュシュ6歳、毛がフサフサ。お台場海浜公園での写真です。
ハゲも治ったので、今年の冬は伸ばしたいな。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シュシュとモモはご飯が大好き。

シュシュは動いてはいけないのに、ご飯を作っていると数ある障害を乗り越え、バッグから脱走してしまいます。

そこでキッチンに、「お食事お待たせ箱」を設置することにしました。

キッチンで小さな箱の中に入れておけば、動かずに脱走することなくご飯を待つことができます。
DSC00162.jpg
ちょっとおバカ面ですが、この箱なら脱走できません。今は絶対安静なのです。


・・・シュシュりん子よ、ママは日曜には戻ります。
それまでパパのこと、よろしく頼みますよ。

モモのお留守番、そしていたずら。
シュシュが大学病院で、ヘルニアとクッシングの検査をしている頃・・

モモは悪いことをしていました。

普段はいい子でお留守番ができるのに、ママのサプリメント(カルシウムなどのミネラル)の袋を歯で開けて中身を少し食べてしまったのです・・。
DSC00100.jpg
美容と健康のために飲んでいたのに・・・。今までそんなことをしなかったので大ショック。
ママもこれからは気をつけます。

DSC00141.jpg
本当に反省しています。ごめんなさい。


モモは生まれたときからとても頭がよく(親ばか)、トイレも一回で覚え体もでっかく頑丈に育ちました。

ただ、モモはママが社会人になってからの子供なので、シュシュのようにたくさん赤ちゃんの時の写真はありません。
20060817165514.jpg
モモ、2歳。でっかく丈夫に育ちましたよ。


頭がいい、なんて言いましたがモモも赤ちゃんの頃は悪いことをしたものです。
新築の家の柱をかじったり、リビングのテーブルもかじって傷をつけました。
DSC00154.jpg
柱はもう修復不可能です。

「留守中モモを閉じ込めるッ」と激怒したパパに、やさしいママは「モモにだって人格(犬格)があるのよ」と諭しました。
20060817165402.jpg
モモ、1歳。そうそう、人格(犬格)があるんです。


・・・・最後に、今日のシュシュ。
DSC00122.jpg
バッグでの生活も慣れ、いいのか悪いのかお腹を出して寝ています。


とりあえずあと2週間。シュシュが自由になったそのときは、8月3日、ちゃんとできなかったモモの誕生日をやり直すんだ!!

大学病院に検査に行ってきました。
今日は大学病院で検診でした。

武蔵境にある大学病院までは、車で一時間。電車では一時間半弱かかります。

DSC00097.jpg
行ってきます。病院はイヤですけど・・。

今日はモモはお留守番。ママは運転ができないので、シュシュと二人、
電車で病院に行きました。

DSC00089.jpg
行ってらっしゃい。お留守番はイヤですけど・・・。

日本獣医生命科学大学 動物医療センターは、内科・外科・内分泌科・脳神経外科・神経科・眼科・腫瘍科etc細かく科が分かれていて、それぞれ専門の先生が診察をしてくださいます。

シュシュに限って言える事かもしれませんが、一般の大きな動物病院より大学病院のほうが全体的に費用が安いです。設備も整っているので、シュシュのように病気が多いコは大学病院が安心します。

今日は「クッシング」と「ヘルニア」の検診なので、内分泌の先生と脳神経外科の先生に診ていただきました。お二人ともママのちょっと上?くらいのまだお若い先生です。

「クッシング」は副腎皮質ホルモン異常の病気です。「コルチゾール」というストレスホルモンが多く分泌される病気で、シュシュは脚の痛み(膝蓋骨脱臼・股関節形成不全)がストレスになって発症したのではないかと言われています。ポメラニアンがかかりやすい病気で、大学病院の内分泌外来はポメばっかりです。シュシュは腫瘍の手術跡になかなか毛が生えず、検査した結果「クッシング」だとわかりました。

IMG_8603.jpg
昨年末のシュシュ。クッシングで背中と点滴した腕や首がはげています。可哀想ですが、これがクッシングという病気の現実なんです・・・。

さて診断の結果ですが、思ったより安心できる診断でした。
「ヘルニア」に関してはあと2週間、このまま首に固定用バンドを巻いて安静にしたら、バンドをとって日常生活に戻れます。老年性の「ヘルニア」は急激に症状が悪化することがないそうで、普通に歩ける間は手術はしなそうです。

「クッシング」も、ACTHという「コルチゾール」の値を調べる検査に異常はなく抗がん剤は飲まなくて済みました。「クッシング」はガンではありませんが治療には抗がん剤を使用するんです。

DSC00111.jpg
固定用バンドは洗濯中なので、首スッキリ。

DSC00112.jpg
バンドがないと手がよく舐められて幸せ~♪


・・・・お留守番のモモはいかに?
大停電のその頃に・・
ポメのシュシュはヘルニアなので、まったくお出かけができません。

目を離すこともできないので、ヨーキーのモモもあまりお外に出ていません。
毎日お散歩に行くふたりだったので、とても退屈そうです。

20060814224800.jpg
病気になる前のシュシュと、モモ。


昨日パパが病院でシュシュモモのご飯を買ってきてくれました。
獣医師専用のご飯で、シュシュがW/D(低脂肪のご飯)、モモはウォルサムの消化器サポート(ファイバー)のご飯を食べています。
DSC00080.jpg
ふたつで9160円也~。子供たちはお金がかかります。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は変わって、今日はホームベーカリーを使用してパウンドケーキを焼きました。

DSC00077.jpg
・・・味は、きわめて普通。やっぱりホームベーカリーはパンを焼いたほうが美味しいと思います。

モモはママがキッチンにいると、たいていそばで見ています。
20060814223929.jpg
何かもらえないかしら?いい匂い~♪DSC00088.jpg
じりじりとそばに寄ってきました。

・・・最後に今日のシュシュ。
DSC00084.jpg
特に変化はなく、麻痺はおさまっています。
今日はお風呂の日
「今日はシャンプーしようね」

ヨーキーのモモはお風呂がきらいですが、お風呂から名前をよぶとキチンとやってきます。

DSC00059.jpg
ヨークシャテリアならぬ、クシャクシャテリアなモモちん。

モモの毛は細くてからみやすいので、「自然流」というやや高めのシャンプーを使っています。

DSC00057.jpg
お台場サンウォーク内にある「ペットシティ」で購入。3000円也~。ペットのコジマでも売ってました。

DSC00061.jpg
ダブルコートのシュシュ(ポメ)に比べ、モモの毛は乾きやすいです。
5分でこんな状態です。

15分後のモモ。
DSC00063.jpg
完全に元の状態に戻りました。モモ、お疲れさまでした。
どなたか、目が光らない写真の撮り方を教えてくださ~い。


DSC00065.jpg
お風呂上りの一本(アイス)をあげましょう。これを食べるために
嫌なお風呂に入るんだもんね。


・・・・最後に今日のシュシュ。
DSC00073.jpg
シュシュ動いてヘルニアが悪化しないよう、今日もバッグの中で生活しています。もう少しよくなったら、自由にしてあげるからね!
「手術なんて、したくないの」
DSC00009.jpg
「だってあたし、6/19に鼠径ヘルニアの再発で手術したばっかりだから。」
バッグから脱走しないよう、周りを固めています(笑


頚椎 椎間板ヘルニアは手術しないと治らない病気です。
シュシュは持病のため、首に固定用バンドを巻いてただじっと安静にしているしかありません。
DSC00026.jpg
大学病院からの借り物です(さすが大学病院、タダでレンタル)


DSC00027.jpg
・・・でも、猫用(笑)

200608041408000.jpg
シュシュは発病してからずっと”ホームベーカリー”の箱のなかで生活していました。ヘルニアはできるだけじっとしていなければいけなくて、狭いところで動かないようにしなければいけないからです。
でも今日、ママの留守中に箱の中でウン○をしてウ○チまみれになってしまい、箱は捨てられてしまいました・・・。
仕方がないので通院用のバッグに入って安静にしています。

DSC00020.jpg
夜寝るときは、つぶされないように気を付けながら皆で寝ています。
だって箱の中に入れると、ずっと夜鳴きして寝ないんです・・・。


早くよくなって、遊びにいきたーいッ!!!
ワンコとラフティングの巻
小さなポメは水嫌い。
大きなヨーキーは泳ぐの大好き。

水上までは東京から車で3時間ほど。
ワンコと泊まれるお宿も増えてるから、気軽に行ける場所です。
IMG_0315.jpg
大自然ときれいな利根川♪


IMG_0307.jpg
一緒にラフティングした モモ太郎くん。
アップにも耐えられる、きれいなコーギーちゃんでした。

IMG_0356.jpg
モモ、背泳ぎ直前!(背泳ぎに驚いてしまって背泳ぎの写真は撮れず・・)

IMG_0343.jpg
ふぅ~っ、あ~気持ちよかった。

IMG_0363.jpg
ヘルニアになる前のシュシュです。


また来ようね。
ラフティング♪
夏はラフティング!

群馬県水上では、ワンコと一緒にラフティングができます。

それではラフティングスタート!
IMG_0296.jpg
皆でライフジャケットを着て「はい、ポーズ!」


IMG_0299.jpg
思っていたよりハードで、ママはお尻を川底の石にぶつけてしまった・・
子供たちは余裕?


IMG_0355.jpg
モモは優雅に泳ぎ、背泳ぎまで披露。


IMG_0368.jpg
シュシュはなんとか川岸まで泳ぎました。

今年はシュシュがヘルニアだから激しい運動はできないけど
来年は白馬でラフティングしようね。

そして秋にはまた河口湖で紅葉を観よう。

ラフティングについてはまた次回ご案内しまぁす!
首の「椎間板ヘルニア」と闘っています!



頚椎 椎間板ヘルニアって、知っていますか?

シュシュは7個ある椎間板の内、6箇所がつぶれている可能性が
あり、稀な例のようですがある日突然体が麻痺してしまいました。

腰の椎間板ヘルニアはダックスなど脚が短い犬種がかかる病気と
いうことで知っていましたが、首にもヘルニアがあるんです。

治療法は主にふたつ。
ステロイドを服用する、内科的療法。
根本的に解決するなら、外科的療法として減圧手術。

シュシュは「クッシング」という副腎皮質ホルモンの病気があるので
ステロイドは使用できず、また、体が小さくてヘルニア箇所が多い
ことから上記の治療ができず、固定用バンドを首に巻いてただただ
安静にしているしかありません。

でもシュシュが通っているのは大学病院。
内分泌、脳神経外科の先生方がしっかり診てくださっているので、
先生方を信用して、今は養生に専念します!

ヘルニア娘 シュシュと申します
IMG_8570.jpg


「頚椎椎間板ヘルニア」と診断されて一週間。
首や手足に出ていた麻痺は少しずつよくなってきました。

急に歩けなくなったのは、7月30日。日曜日の朝でした。
いつも通っている日本獣医生命科学大学はお休みで、
近所の病院や夜間専門病院に行ってみたけど、
レントゲンや血液検査では何もわかりませんでした・・。

翌月曜日、パパに大学病院に連れて行ってもらったら
「頚椎椎間板ヘルニア」だと判明したのです。

今は首の固定用バンドをつけて安静にしています。
小さいから猫用バンドを使用しています(笑)

シュシュのヘルニア闘病記は毎日UPしていきます。
同じ病気で闘っているコがいたら、一緒にがんばりましょう!

次女のご紹介

モモ(ヨークシャーテリア)


■1998年8月3日生まれ

■体重3.8kg

■趣味:旅行・水泳・山登り

■特長:ちょんまげ・三編み・誰よりも大きい

お友達リンク♪

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

アクセス数

RSSフィード


copyright 2006 小さなポメと大きなヨーキーの物語 all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。